代表メッセージ GREETING

30数年前になりますが、大学生時代に入所施設を出て地域で暮らすことをはじめた重度障害のある方との出会いがありました。当時はどんなに重度であってもヘルパーさんの派遣は週に2~3時間程度で、多くの時間帯はボランティアが地域生活を支えていました。

その後、小規模作業所に勤務していた時期、小規模作業所は学校卒業後の通う場として重要な役割を担っていましたが、わずかな公的補助金で、利用者と家族そして職員が寄り添って生きていました。障害福祉制度と当事者・家族のおもいの間にあるギャップを痛感したものでした。「誰もが地域のなかで一市民としてふつうの暮らしができること」が目標でした。えぽっくの現在も、この原点と共通しています。

えぽっくを立ち上げるきっかけになったのは、他の社会福祉法人に勤務していた2000年です。新規事業として在宅の障がい児者へのレスパイトサービスを始めました。公的な障害福祉制度にない法人独自の自主事業として、24時間何でも行うケアサービス事業でした。その後、NPO法人を設立するとともに、2005年10月に社会福祉法人えぽっくを設立しました。2006年4月、南幌町行政や町民の皆さんのご理解・応援をいただき、町の旧独身寮を改修して20名の障害者通所事業と短期入所事業、ホームヘルプ事業をはじめました。現在も南幌町にある事業所ハニカムです。「ちょっとしたスペース(部屋や家、建物)が1つあれば、障害者に対して、緊急の支援もお泊りも24時間いつでも何でも要望にこたえられる」との想いは、この30数年間変わっていません。

一方、時代はとまらずに大きく動き、次から次へと前へ進んでいます。「えぽっく」には、「時代」、特に「新しく画期的な時代・時期」「時代に区切りがつくほどの新しい物事が起こるさま」という意味があります。えぽっくを設立してからの15年間でも、日本・世界で大きな社会変化が起こり、また大きな災害も多発しています。そして多くの人が希望を見いだせない閉塞感のある社会状況にあります。そのなかで、障害福祉事業からはじまったえぽっくですが、地域における社会福祉法人として、その役割も大きく変容してきています。障害者支援、高齢者支援、生活困窮者支援と活動領域を広げ、さらに地域の防犯活動、在留外国人支援、フードロス問題への対応、居住支援、中学生への学習支援等、その時代における社会や地域の課題にも積極的に取り組み、社会的困難や息苦しさをかかえる方々と向き合い行動しています。

また、近年、職員採用における新卒者の割合は少なくなってきました。一方で多くの中途採用の職員が、障がいの有無や性別、国籍、年齢、たどってきた経歴に関係なく、それぞれの個性、経験や特性をもって、力を発揮して活躍しています。これらをひとつの大きな支援の力にして、利用者の皆さんに最大限のサービスをこれからも提供していきます。世界各地での新型コロナウイルス感染症の拡大により私たちの生活様式も大きく変化しました。いろんな意味で再度スタートラインにたつ時期です。初心に戻って、今の社会をみつめ、私たちに課せられた役割を考え行動していきます。

理事長 松坂 優
法人概要 ABOUT
法人名称
社会福祉法人えぽっく
理事長
松坂 優
本部所在地
〒061-1112 北海道北広島市共栄21番地1
連絡先
TEL:011-373-8880/FAX:011-373-8810
設立年月
2005年(平成17年)10月
沿革
平成17年10月13日 社会福祉法人えぽっく設立。南幌町での障がい者通所施設の開設準備を本格的に始める。 平成18年4月 南幌町で知的障がい者通所授産施設ハニカム(定員20名)と札幌市厚別区で分場キャンバス(定員10名)を開設。 平成18年5月 居宅介護、短期入所事業開始。 平成18年9月 通所機能を南幌町に集約するため、分場キャンバス事業終了(9月30日)。 平成18年10月 障害者自立支援法による新体系移行により、通所事業を生活介護(18名)、就労移行支援(6名)、自立訓練<生活訓練>(6名)に再編。 NPO法人わーかーびぃーよりグループホーム業務について移管を受け、運営を開始する。
  • グループホームオレンジ<共同生活介護・共同生活援助>(厚別区)
  • グループホームハニー<共同生活介護・共同生活援助>(北広島市)
  • グループホームソレイユ<共同生活介護・共同生活援助>(恵庭市)
指定相談支援ハニカムの開始。 平成19年5月 グループホームハニー<共同生活介護・共同生活援助>を老朽化のため廃止。 平成20年2月 重度の知的障がい・行動障がい者の受け入れを行うケアホーム「あっと」<共同生活介護・共同生活援助>(南幌町)を設置する。 平成20年4月 通所事業の定員とサービス内容を変更し、生活介護(25名)、就労継続B(10名)とする。 平成23年4月 北広島市にホホエムを開設し、生活介護(10名)、就労継続B(10名)、短期入所(7名)で事業を開始する。 平成23年10月 ケアホーム「あっと」<共同生活介護・共同生活援助>の名称をあっとに変更する。 もっと<共同生活介護・共同生活援助>(南幌町緑町)設置。 平成24年4月 ホホエムの生活介護の定員を20名に変更する。 平成24年7月 法人本部を南幌町から北広島市に移転する。 平成24年9月 オレンジ<共同生活介護・共同生活援助>(厚別区)を建物老朽化のため閉鎖する。 平成24年10月 計画相談支援ならびに障害児相談支援事業所あざれあを北広島市に設置。 平成25年8月 社会福祉法人輝美福祉会(北広島市輝美町)と連携をはじめる。
  • デイサービスてるみ<認知症対応型通所介護(10名)>(平成26年10月1日より休止、28年4月1日廃止)
  • 小規模多機能型居宅介護事業所てるみ<小規模多機能型居宅介護(25名)>
  • グループホームてるみ<認知症対応型共同生活介護(18名)>
平成26年4月 障害者総合支援法改正により、グループホームとケアホームが一元化され、一体型共同生活援助・共同生活介護事業所あっと・もっと・ソレイユのそれぞれの共同生活介護を廃止する。また、もっとを廃止しあっとへ統合する(2か所のグループホーム・定員12名)。 平成27年4月 生活困窮者自立相談支援事業を北広島市から受託し、きたひろしま暮らしサポートセンターぽるとを開設する。 平成27年11月 法人独自事業として、ホホエム、ハニカムで認定就労訓練事業を開始する。 平成28年4月 輝美福祉会を吸収合併する。合併後、名称をほこしあに変更する。グループホームほこしあ(認知症対応型共同生活介護)・小規模多機能型居宅介護ほこしあに加え、ホホエムの従たる事業所として肢体不自由者や重度心身障がい者向けの生活介護事業所ならびに障がい児者向けの居宅介護事業所「てとる」を開設する。 これにより、3つの拠点事業所(ハニカム・ホホエム・ほこしあ)を中心にして、地域の障がい児者や高齢者、生活困窮者などに対して、社会福祉法人として、地域の複雑かつ困難な福祉課題の解決を制度の枠を超えて取り組む体制を整備する。 平成28年4月 ぽるとで、市内の経済的理由等により塾に通うことができない中学生を対象に学習支援事業(北広島市委託事業)を開始する。 平成28年12月 法人独自事業として、ほこしあで認定就労訓練事業を開始する。 平成29年4月 法人独自事業として青色防犯パトロール事業について法人所有車両を活用して開始する。主として下校時のパトロールをはじめる。 平成29年9月 法人独自事業として、路上生活者や車中泊や家を失った人を対象に、一時的に食住を提供する一時生活支援事業を開始する。 平成30年2月 建物の老朽化と消防法改正によるスプリンクラー設置義務化に伴い、ハニカムの短期入所を廃止する。 平成30年3月 小規模多機能型居宅介護事業所の3室を転用し、3月より障がい福祉サービスの短期入所事業ほこしあを開始する。 日本財団より青色防犯パトロール用専用車両の助成を受けたことにより、平日は毎日、青パト専用車による防犯活動を実施することになる。 ぽると独自に相談者個々のニーズに沿った就労支援を展開するために、無料職業紹介事業の認可をとる。 平成30年4月 法人独自の取り組みであった一時生活支援事業が北広島市委託事業となる。 平成30年6月 小規模多機能型居宅介護ほこしあを廃止する。 平成30年8月 ほこしあ1階に共同生活援助きらっとを開設する。 平成31年3月 ともっと開所(男性7名、女性7名)。 グループホームを再編し、一体型事業所の指定を受ける(定員35名)。
  • 北広島市(ともっと男性7名・女性7名、きらっと男性5名)
  • 南幌町(あっと男性6名、もっと男性6名)
  • 恵庭市(ソレイユ男性4名)
地域生活支援センターを新設し、障がい者グループホームの包括運営管理をするとともに、てとる(居宅介護事業所)並びにあざれあ(指定特定相談支援事業等)の機能をほこしあから移転し、幅広く地域生活支援を行う拠点として再編する。 令和元年5月 ぽるとで就労準備支援及び家計改善支援事業を北広島市から受託する。 令和元年6月 ぽるとが北広島駅前のエルフィンビルに移転する。 令和元年10月 NPO法人わーかーびぃーより八丁平共生型センターはっちの業務について移管を受け、運営を開始する。
  • ろぐらん<生活介護>(20名)
  • らんらん<居宅介護・重度訪問介護>
令和2年5月 北海道より居住支援法人の指定を受け、札幌市・北広島市をエリアとして住宅確保要配慮者への相談支援業務を開始。 令和2年6月 地域生活支援センターともっとの2号館を開設(共同生活援助:男性12名・短期入所:男性2名)。これにより地域生活支援センターの定員が49名(共同生活援助47名・短期入所2名)となる。
組織図
権利擁護・虐待防止に関する取り組み
個人情報保護方針
社会福祉法人えぽっく(以下、当法人)は、個人情報保護に関する取り組みとして、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めて参ります。
  1. 当法人は、個人の人格尊重の理念の下に、関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において個人情報を慎重に取り扱います。
  2. 当法人は、個人情報を適法且つ適正な方法で取得します。
  3. 当法人は、個人情報を取り扱うに当たり、利用目的をできる限り特定し、その利用目的の範囲でのみ個人情報を利用します。
  4. 当法人は、あらかじめ明示した範囲及び法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人に同意を得ることなく外部へ提供しません。
  5. 当法人は、個人情報を正確な状態に保つと共に、漏えい、減失、毀損の防止のための適切な措置を講じます。
  6. 当法人は、本人より個人情報の利用目的の開示、追加、削除、訂正、利用停止等の申し出があった場合、速やかに対応します。
  7. 当法人は、個人情報の取り扱いに関する苦情があった場合、適切且つ速やかに対応します。
  8. 当法人は、個人情報の適切な保護、管理体制を講じると共に、役職員に対して個人情報保護に関する意識啓発に努めます。
情報公開 DISCLOSURE
定款
役員報酬規程
役員名簿
財産目録
準備中
貸借対照表
準備中
事業活動計画書
現状報告
準備中