朝の挨拶でも「おはよう!」ではなく「〇〇さんおはよう!」と言われた方が気持ちがいいですよね。 2020年中途入社 ホホエム 支援員 MURAOKA TEIKO
入社のきっかけ 学校を卒業してから幼児・保育園・高齢者や障がい者施設等、福祉業界一本でで多岐に渡るお仕事をしてきました。色々な経験をしていきましたが、その中でも障がいのある利用者さんのお世話は私に向いていると思っていました。以前の職場で再雇用のお話しがあったのですが、私は障がいに特化した施設で働きたいと思っていた矢先、えぽっくの求人を見つけ応募したのがきっかけです。 現在の仕事の内容について 現在はホホエムに通われてくる利用者さんに対し日中の活動支援を主としています。例えば、古紙をシュレッターにかけたり、牛乳パックから和紙を作る補助をしたりと、、、利用者さんの中には一連の作業ができない方もいらっしゃるんですが、そこは私達がお手伝いしてできるところをやってもらっています。

例えば牛乳パックから作る和紙は、各家庭から集めた牛乳パックをハサミで切った後、鍋で煮ます。その際に余計な素材(ラミネートフィルム)は取り除いて和紙の元になるパルプを作成するんです。そのパルプを型に流し込んで、和紙だったり・ハガキ・コースターなどを作っています。ここ(喫茶れざみ)のコースターもホホエムの利用者さんで作ったんですよ(笑)

ただ利用者さんによっては作業の全てができない方もいらっしゃいます。だからといって諦めらるのではなく、出来る範囲からでも取り組んでもらう雰囲気や集中できる環境づくりに努めています。もちろん、食事やお手洗いといった生活全般の介助もおこなっています。
仕事をする上で気を付けている事 なるべく名前を呼んで声をかける事です。

朝の挨拶でも「おはよう!」ではなく「〇〇さんおはよう!」と言われた方が気持ちがいいですよね。人は名前を呼ばれる事が自身の存在を認めてもらっているという思いになるし嬉しいですよね。言葉を交わせない利用者さんでも、名前を呼んであげる事で目線があったり、表情が緩んだり。そうする事で心が通わせていると思っています。

今はお茶の時間や作業中でもできるだけ一回は利用者さんの名前を呼ぶ事を心掛けています。
現在のやりがいやその先の目標(チャレンジしたい事も含む) 前の質問でもお答えしましたが、名前を呼ぶ事や挨拶等コミュニケーションをとる事、人と接する事が好きなんです。例えば、利用者さんの名前を呼んで接していて、いつしかこちらの名前を呼んでくれる。こんな嬉しい事はありません。心が通じ合えた!とやりがいを感じます。仕事ではありますが、私にとってはとても楽しく充実した環境なので、私を必要としてくれ、体力が続く限りはこの仕事を続ける事が目標かもしれませんね(笑)
業務外の社員の交流について 皆さんシフトの勤務だったり、通勤方法もそれぞれなので仕事が終わってから「どこかへ!」といった事はありません。

ただ、人と関わる事が好きですので、みんなで集まるような機会があればそれは是非参加したいです。早く元通りの世の中になって、みんなで集まる事も「普通」になってほしいと思います。
あって良かったと思う社内制度(資格取得や諸条件)はありますか? 制度ではないんですが、、、昨年入社した時ってコロナ渦の影響で世の中からマスクが無くなってしまった時期だったんです。このお仕事をする以上、マスクは必需品ですので、探すのにとても苦労したのですが、ここは在庫を確保していてその時期に1人1箱支給してくれたり、職員さんが手作りのマスクを作ってくれたり。えぽっくの徹底した危機管理と同時に社員を大事に思ってくれている気持ちが入社早々に伝わり有難かったです。 えぽっくの特徴に対して一言! とても明るい職場です!(笑) これからエントリーする方へのメッセージ エントリーする前に職場の雰囲気や資格の有無等、色々と考える事はあるかと思いますが、「人と接する事が好き!」「仕事を楽しみたい!」という思いがあれば大丈夫!その思いがあればきっとえぽっくで働く事が楽しくなりますよ!皆さんとご一緒できる事を楽しみにお待ちしております。